新ちゃんの へらへら日記


2009年 4月〜2009年 6月 2009年 7月〜2009年 9月 2009年10月〜2009年12月 2010年 1月〜2010年 3月
2010年 4月〜2010年 6月 2010年 7月〜2010年 9月 2010年10月〜2010年12月 2011年 1月〜2011年 3月
2011年 4月〜2011年 6月 2011年 7月〜2011年 9月 2011年10月〜2011年12月 2012年 1月〜2012年 3月
2012年 4月〜2012年 6月 2012年 7月〜2012年 9月 2012年10月〜2012年12月 2013年 1月〜2013年 3月
2013年 4月〜2013年 6月 2013年 7月〜2013年 9月 2013年10月〜2013年12月 2014年 1月〜2014年 3月
2014年 4月〜2014年 6月 2014年 7月〜2014年 9月 2014年10月〜2014年12月 2015年 1月〜2015年 3月
2015年 4月〜2015年 6月 2015年 7月〜2015年 9月 2015年10月〜2015年12月 2016年 1月〜2016年 3月
2016年 4月〜2016年 6月 2016年 7月〜2016年 9月 2016年10月〜2016年12月 2017年 1月〜2017年 3月
2017年 4月〜2017年 6月 2017年 7月〜2017年 9月 2017年10月〜2017年12月 2018年 1月〜2018年 3月
2018年 4月〜2018年 6月 2018年 7月〜2018年 9月 >2019年10月〜2018年12月 2019年 1月〜2019年 3月

2019年4月

 「繁昌亭にて、お稽古。」(2019/4/4)

 繁昌亭にて、瑞さんとお稽古。
林家染雀師匠と瑞さん。
寄席囃子、林家とみ師匠.。右の写真は、とみ師匠と枝雀師匠(当時は、小米)。

 「九雀師匠の会。」

 豊中市伝統芸能館にて、「いきなり九雀の会」。九雀師匠に用いて戴き、ありがたい限りでした。
 番組は、「つる」・新幸、「リサイクルマン」(紙屑屋の、現代リメイク版)・九雀、「狼講釈」・新治、(お中入り)、「小間物屋政談」・九雀。

 「東京、黒門亭、お出番を戴きました!」(2019/4/8)

 速報!!!! 東京、落語協会ビル二階で開催される「黒門亭」出演決定。お出番を戴きました。 「黒門
亭5月11日(土)1部12:35上がり」定員40人。前日の5月10日(金)は、深川江戸資料館でさん喬師匠をゲストに東北笑生会の落語会! 願生ります!
 「目指せ!七十席・応援シートができました!」(2019/4/15)

 東京の落語ファンで、太陽と月の「露新軽口噺」皆勤のNさんが,七十席を応援しようと、ネタ帳シートを作ってくださいました。ステキなデザインです。今までのネタを印刷し、これからのネタは書き込めるようにして戴いてます。基本は「露新軽口噺」で聞いて戴く予定ですが、それたけでなく他の落語会、「門戸寄席・露新落語会」や奈良古々粋亭の「ここいき亭露新落語会」でも、押させて戴きます。シートをお持ちの方は、受付で「聞いたネタ」をお報せください。2020年1月の時点で七十席満席となった方には、豪華な粗品を差し上げます。満席でなくても、ネタ数に応じて粗品を用意します。もっとも、「私が七十席勤めたら」の話で、ダメなら、期限は延びます。頼りない話で恐れいりますが、ぼちぼちとお付き合いください。しかしこんな形で応援して戴けることは、ほんまにありがたい限りで、「こら、なんとしても七十席完走を目指さねば」と改めて気合いを入れている次第です。何とぞお付き合いのほど、よろしくお願いいたします。
クリックで拡大
【ネタ帳シートは、露新軽口噺では無料で配布しておりましたが、5月以後につきましては各落語会にて、1部¥100円で販売いたします。シートの利用方法の詳細については、詳細を検討のうえ、ホームページにてお知らせいたします。今しばらくお待ちください。】

 「奈良のタウン情報誌「マイ奈良」に!」(2019/4/19)

 奈良のタウン情報誌「マイ奈良5月号」に、「ここいき亭・なら露新落語会」を写真入りで掲載して戴きました! 清水編集長、ありがとうございます。

○ 第二回ここいき亭・なら露新(つゆしん)落語会
 日時:2019年5/24(金)
 料金:一部、14:00開演(1500円)
    二部、18:30開演(2000円)
    一部、二部通し劵、30000円。
 出演:新幸、新治。
 会場:奈良県奈良市 落語喫茶・古々粋亭(ご予約受付中)


 「仏前結婚式・祝賀寄席」(2019/4/28)

 愛媛県四国中央市土居町、浄土真宗本願寺派心光寺若院様、仏前結婚式・祝賀寄席。出演は、豊来家玉之助、新治。末永くお幸せに。

2019年5月

 「露新軽口噺に牧口一二さんが来られました。」(2019/5/20)

 今回、牧口さんにお越し戴いたのは、露新軽口噺にとって画期的なことでした。初め、橘高さんの名前で問い合わせがあり、それが夢風基金の橘高さんとは分からず、承りました。私は正直「入り口の階段を、皆でかつぎあげるしかない」と思ってましたが、動楽亭管理者の米朝事務所に問い合わせると「可能です」とのこと。「お客様のルートではなく、楽屋口から、下座を通って入ることができます。タイヤの汚れは、雑巾をおいてありますので、それで拭いていただければけっこうです。特に敷物など要りません」とのこと。目からウロコでした。おかげで、露新軽口噺のバリアフリーが一歩進み、入場者が増えました。牧口さん、米朝事務所のおかげです。やはり、牧口さんは障害者解放運動の先駆者です。牧口さん、橘高さん、平野さん、ありがとうございます。
 おまけに、もう一ついいことがありました。お客様のUさんは手押し車を押して来られます。着かれたら連絡を戴き、私らが迎えに行って、手押し車を二階入り口まで上げてました。けど、牧口さんが楽屋口から入って戴いたおかげで、「Uさんもそこから帰って戴けばいい」とスタッフが気がつきました。おかげで帰りは手押し車を下ろさんでもすみました。昔は、私ら芸人がお客様口から入ったら怒られました。けじめです。それも大事ですが、バリアフリーもたいせつです。自分の頭の固さに気づかせて戴きました。次からは、Uさんもエレベーターで上がって戴けます。私らも手押し車を運びあげなくてもいいのです。米朝事務所様、ありがとうございます。
ゆめ風基金会報「ゆめごよみ風だより」の巻頭に、代表、牧口一二さんの文章。(クリックで拡大)

 「5・23 狭山デー。」(2019/5/23)

 東京の日比谷野外音楽堂にて、「5・23狭山デー」。


 「第二回古々粋亭なら露新落語会。」(2019/5/24)

昼の部(62人)
 「東の旅、奈良名所、大仏の目」・新幸
 「つる」・新治
 「口合小町」・新幸
 「ちりとてちん」・新治
 (お中入り、写真タイム・新幸)
 「鹿政談」・新治

夜の部(27人)
 「東の旅、煮売り屋」・新幸
 「紙入れ」・新治
 「時うどん」・新幸
 「猿後家」・新治
 (お中入り)
 「井戸の茶碗」・新治






このページのトップへもどる